2011年09月11日

記念日でもねぇ・・・

「沙弥香様、今日は沙弥香様のブログの開設記念日ですわ」

すっかり真っ赤なレオタが似合うようになったレッドが、キリっと切れ上がったハイレグのレオタからまぶしい太腿を晒しながらアタシに言った。

「え?そうだったっけ?」

アタシ、沙弥香は、そんなことすっかり忘れていたわ、というそぶりで、サラリとその場をかわそうとしたのだが

「そうですわ、おねぇさま、もちろん記念SSの一つぐらいはご準備できていらっしゃるんでしょうね?」

と、レッドとは好対照の鮮やかな緑色のハイレグレオタから、これまたスラリとして、それでいて適度に脂を乗せた妖艶な大腿を剥きだしにしたグリーンが、追い討ちをかけるようにアタシに言う。

ギ、ギクッ・・・
やはり、そうきたか・・・

しかし、今の沙弥香にはまともに発表できる作品が一つもなかった。
書きかけだけは、ホントにたくさんあるのだけれど、完成品は一つもないのだ。
どれも、いいところまでくると、あとは自身の妄想の世界にトリップしてしまい、自己従属してしまうので、SSという文字に焼き付けるまでに至らないのであった。

「なんていう言い訳はもう聞き飽きましたわ、おねぇさま」

ちょ、ちょっと、レッド、あなたいつからテレパシーを身に着けたわけ?

と、アタシが慌てふためいていると、

「あは、おねぇさまったら図星ぃ・・・
 おねぇさまならそういう言い訳をするに違いないと思っただけですわ」

とすかさずレッドは続ける。
どうやらこの二人の前ではウソはつけないようね。
まったく・・・

この二人はレオタ牝に変態させてからやたら鋭くなったわよね。
アタシの牝奴隷に仕立て上げてこき使ってやろうと思っていたのに・・・

たしかに、うふふ、夜のほうはこの二人のおかげで楽しくなってきたけどさ。

「ここは一つ、ファンの皆さんのために、いましかかり中の作品のネームだけでもご紹介してみてはいかがでしょうか?
そのほうがおねぇさまも宣言効果でモチベーションが上がるのではないかしら?」

うーん、グリーンの言うことももっともなんだけど・・・

そんなことしたら、ホントに書かなくっちゃならなくなっちゃうじゃないww

「でも、あと少しで完成のSSも中にはあるんでしょ?」

あら、レッド、何で知っているのよ。
たしかにね。

「ほら、デビルズハンドが開業医に復帰して、そこにピンクプッシーが派遣されて・・・」

ちょ、ちょっと、レッド、ネタバレしすぎ!

「あ、御免なさい。沙弥香様、ウフフ。
じゃぁ、まずはこのSSから仕上げてくださいますね?」

う・・・し、仕方ないわね・・・

「やったぁ!久しぶりに沙弥香様のエロエロなSSが読めるわね!グリーン、楽しみ!
 あんっ、なんだかもう濡れてきちゃったかも・・・ふふふ」

ふぅ・・・

ま、いっか、とりあえず、どれから手をつけようか悩んでいたところだったから・・・

わかったわ、まずは「魔病院」からね。

これで華々しくSS執筆に復帰できるといいけど・・・

  

Posted by sayaka_saotome at 21:50Comments(3)TrackBack(0)

2011年05月02日

ラヴィアのシンディ

NEO GENTLE さんの「処女戦士ラヴィア」のシリーズに出てくる悪の「組織」側の女首領(のようなメイド淫獣)の名前が「シンディ」になっていたけれど、それって沙弥香のSSからパクったのかしら?

沙弥香、なんにも言われてないのになぁ・・・

まぁ、そもそもこちらが勝手に2次創作しちゃったから文句は言えないんだけどw

それにむしろ真似されて沙弥香は嬉しいしね。

なんてったって NEO GENTLE さんは沙弥香の大好きな作家様ですから。
それはホント。

それにしても、ラヴィアは、淫獣に変身した直後のラヴィアのセリフが聞きたかったですわね。

「フフフ、はい、私はダーティナル・ラヴィア・・・とてもいい気分ですわ、おネェ様」

なーんてセリフが聴きたかったですねぇ・・・

  
Posted by sayaka_saotome at 21:36Comments(2)TrackBack(0)

2011年03月23日

I am alive!

まずは、あけましておめでとうございます。

こんなときに不謹慎と言われるかも知れませんが、SSも含めあらゆるエンタメはみんなを元気にするためにあるんです。

沙弥香もそこだけは譲れません。
とにかく、今生きていることを感謝して明るく前に進まなければ。

さて、ずいぶんと更新が滞っておりましてごめんなさい。
ずーっとSSを書く時間が取れず、ブログのほうもほったらかしにしておりました。

沙弥香って、SS投下しないと更新する気になれないんですよね。
よくないですね、そういうの。

あ、東北関東大震災の陰に隠れて一瞬で風化した3月15日22時31分発生の静岡県東部震度6強の地震ですが、沙弥香の自宅付近は震度4ぐらいでかなり揺れはしましたがなんとか無事でした。

インタビュー、まだまだ続けようと思っていますけれど、とりあえず中断します。

中止じゃなくて中断です。
気が向いたら同じ登場人物で再開します。

もちろん、グリーンとレッドは変態レオタ牝のままですからご安心をww

というわけで今年はSS以外も記事を書いてゆくようにいたしますね。

あ、そうそう、ツイッター始めました。
こちらにSSのネタなんかつぶやいていったら楽しいだろうなーって思っています。

みなさんからの意見や感想やアドバイスなんかもリアルタイムで頂けますしねww

ユーザー名は、Sayaka_Saotome です。

というわけで、いまさらですけれど、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

沙弥香

  
Posted by sayaka_saotome at 22:33Comments(4)TrackBack(0)

2010年10月23日

そろそろこのへんで・・・

えーっと・・・(^_^;)

なんか、コメントの件でゴタゴタしてしまい、ちょっと更新が遅くなりました。

で、やはり私自身がある程度は収拾しないといけないかな、と。

まずは、ハーメルンの口笛吹さん、心温まるコメントと、いろいろ考えさせられる鋭いコメントをどちらもありがとうございます。

私はハーメルンの口笛吹さんのお考えに基本的に大賛成です。

でも、誤解しないで下さい。

悪堕ちキッドさんを責めるつもりは全くありません。

それよりも、私はもっと悪堕ちキッドさんと仲良くしたい。

仲良くなって、なんでも本音でお話しできるようになって、悪堕ちキッドさんの辛口のコメントに隠された、いわば、私の作品に対する「愛」を、もっともっと感じ取りたい、なーんて思っています。(ずうずうしいかな?ww)

そうすれば、沙弥香は、悪堕ちキッドさんのコメントにこれまで以上の感謝の念を抱くことでしょう。

とは言え、ハーメルンの口笛吹さんがおっしゃるとおり、第三者の方々がお読みになって不快に感じるようなコメントは、これはまた別問題です。

悪堕ちキッドさんも、その他の皆さんも、沙弥香にとってはみーんな大事な大事な読者様です。
沙弥香の稚拙なSSで楽しんで下さっている有難い方々です。
やはり沙弥香のブログに遊びに来て頂いたときにはいつでも楽しんで行って頂きたいのです。

斯様なワケで、沙弥香のSSにコメントを下さる悪堕ちキッドさんを始めとする皆様方、今後沙弥香に辛口のコメントを下さるときには、メールで頂くことは出来ませんでしょうか?
(メールアドレスは、sayaka_saotome@hotmail.com でお願いします。)

メールならどんなひどい(笑)コメントでも(誹謗中傷でも!)謹んでお受けいたします。

勝手なお願いですが、どうぞよろしくお願いします。

さて、問題の「インタビュー」ですが(笑)、あれ、どなたも誤解されているようですが、SSじゃないんです。
少なくとも沙弥香はSSのつもりで書いてはおりません。

本当に、ただの思いつきで、沙弥香のSSを振り返ってみたかっただけなんです。
そのとき、ちょっと工夫というか、趣向を凝らそうとしてあんなセリフだけのインタビュー形式にして、さらに変なオチを毎回つけようとしていたのですが、どうもそれがいけなかったようですね。

ごめんなさい。

でも、現在執筆中のアイコラシリーズの本編が完成するまでは、しばらくこのインタビューで昔のSSたちを回顧しようと思っているのですが、このインタビュー、まだ続けてもいいですよね?(笑)

それでは。
  
Posted by sayaka_saotome at 23:47Comments(4)TrackBack(0)

2010年09月11日

御礼、ブログ開設5周年

今日は 2001年にアメリカ同時多発テロ事件が発生した日ですが、2005年には「沙弥香の脳内妄想」が開設された日です。

ですから、今日が創立5周年の記念日。

いやぁ、とうとうこの日が来ちゃいました(^^ゞ

途中、何度も生存が疑われるほどの無更新記録を「更新」し、さらに、過去に投下したSSを削除して販売に廻すという鬼畜ぶりで、いまさら「創立5周年!」などと、エラソーに言えた義理は全くありませんが、とにかく5年経ちました。

よく続いたと思います。

いや、「続いた」わけではありませんね。
何度も中断していたのですからww

だから、「よく5年ももったなぁ」というのが正直な感想です。

そして何より、5年も変わらず支持して下さっている読者様がいらっしゃるということ。

これは驚異的です。

ホント、読者様は神様です。沙弥香にとって。

ありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願いいたします。
  
Posted by sayaka_saotome at 22:46Comments(10)TrackBack(0)

2010年09月10日

いよいよ明日ですね

早いですねー。

いよいよ明日で「沙弥香の脳内妄想」も5周年を迎えます。
記念SSを、ということで準備してまいりましたが、すでにSSは投下中です。

あれ?じゃぁ、9月11日に何があるの?と思われるかもしれません。

はい、記念日当日には何もありませんww

今投下中のアイドルコラージュ2異聞編03の投下が完了したあとに何かあるかも知れませんが・・・うぷぷww

ではまた。

  
Posted by sayaka_saotome at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月04日

沙弥香的「寝取られ」の定義

「寝取られもの」って大好きなんですが、どうも沙弥香の思っている「寝取られ」って、今の世の中で流行っている「寝取られ」と違うみたいで、なかな沙弥香の萌えツボストライクな作品をみることが出来ません。

世で言う「寝取られ」は、高校生や大学生カップルの彼女が他の男にヤラレるだけだったり、人妻ものでも「ごめんなさい、あなた」的な、カラダは奪われてしまったけど、心までは・・・なんて感じのものばかりです。

沙弥香の萌えツボは、「身も心も堕ち」・・・であって、やはり最後には恋人でも夫でも、「あんなオトコ」呼ばわりするように変貌する話です。

ヒロインをして、

「あんなくだらないオトコ、いままでどうして愛していたのかわかりませんわ」

・・・なんて、言わしめなくてはなりません。

ある意味、「悪堕ち」要素も併せ持っていることが必須なのです。
こういうのってホント、少ないんですよね。

そんな中、山文京伝さんと中華なるとさんは貴重な存在です。
このお二人が描く世界はまさに沙弥香の属性・嗜好・萌えツボにドストライクです。

そして忘れてはならないのは沙弥香が師と仰いで止まないSS作家、舞方雅人さんです。

氏の産み出す「寝取られSS」の数々は、どれも沙弥香のストライクゾーンを外しません。

それもど真ん中ばかりです。

そろそろ新作が投下されないかしら?

  
Posted by sayaka_saotome at 23:59Comments(4)TrackBack(0)

2010年09月03日

「ありえない日常」

AKB48の大島優子さんが「ありえない日常」っていう写真集を出していますね。

大島優子さんって、AKB48の中では一番好き(え?熟女マニアの沙弥香とは思えないですって?ww)ですが、さすがに写真集を買うほど沙弥香はこっち方面には興味がありません。

なので、写真集の中身は全く知らずに言うんですけど、この写真集のタイトルには萌えました。

だって、「ありえない」で、しかも「日常」ですよww

これって、ジェットコースター的「堕ち」展開で登場人物が淫乱魔化してゆき、何事もなかったかのように、まるで当たり前のように激淫の悦楽を追求し始める沙弥香のSSのことを言っているように思えてなりませんww

Close-fittingで真理亜さんが堕ちてレオタード淫獣パールに変態するところもそんな思いで書いていました。

あーいう作品、また書いてみたいですね。

ではまた。
  
Posted by sayaka_saotome at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月02日

73万ヒット達成!

わぁお!いつの間にか73万ヒットを達成しておりました。

っていうか、70万ヒットのときにブログを更新すればよかったのですが、そのころはまだ忙しくて・・・(^^ゞ

うーん・・・

昨日、「5周年記念のSSを」なんて言っていましたが、73万ヒット達成記念のほうが先でしたね〜、こりゃ・・・ww

こうなったら毒を食らわば皿までですワ!(意味不明)

アイコラ本編の「魔病院」も完成を急ぎますか!

眠れなくなれそう・・・
  
Posted by sayaka_saotome at 23:59Comments(2)TrackBack(0)